ニキビ肌はそっと洗顔を心がけて

ニキビ肌はそっと洗顔を心がけて

にきびを防ぐには、とにかくお肌を清潔に保つということが重要です。ですが、間違った洗顔方法によってお肌に負担をかけてしまっては、逆効果となってしまう場合があります。にきび肌には、にきびができていないときよりもそっと、刺激を与えずに洗顔していく必要があります。

 

洗顔料や石けんなど、洗顔をする際に使用するものにもいろいろな種類がありますが、どれを使うにしても、一番重要なのは、たっぷりの泡に仕上げて、指とお肌が直接触れないようにして洗顔をするということになります。最近では、泡をつくるためのネットなども販売されていますので、そういったグッズを利用するのも良い方法です。また、泡立てるのが面倒だとか、朝時間がないという方には、ポンプを押すだけで泡が出てくる洗顔料をおすすめいたします。

 

そういったたっぷりの泡で、泡が顔全体を包むようにして洗顔し、その後はすすぎ残しがないように、洗い流すのが重要です。洗い流すときにも、お肌をこすらないよう、手のひらにたっぷりと水をためて洗い流すようにしましょう。また、温度の高いお湯を使用して流すと、お肌に必要な皮脂まで流れてしまって皮脂の過剰な分泌に繋がってしまう場合があります。触れてみて少し冷たく感じる程度のぬるま湯で流すのがちょうどよい温度といわれています。

 

洗顔後は、清潔なタオルをお肌にそっと当てるようにして拭いていきましょう。このように、どの工程でも、お肌をごしごしこすらないようにするということが重要です。